岡 恵介 民俗環境史的研究 研究概要 見出し画像

研究概要 イメージ画像

研究の目的

 高齢化が進行し疲弊する山村が、今、森林資源の過少利用時代を迎えている。北上山地の山村が、これまでどのように森林資源を改変して活用し、野生動物を資源としてどのように暮らしに取り入れ、被害の防除のための緩衝帯を形成していたかなど、山村の伝統的な民俗知識、生態知を集積して、今後さらに予想される野生動物による農業被害の増大に、いかに対処して共存を図るべきかを明らかにすることである。

研究の概要

1. 森林を人里に改変する民俗技術についてヒアリングを進め、多くに事例を収集した。例えば、毎年火入れを行って植生を草地の状態に管理する採草地は、山 菜などの自給食料の採集地でもあり、凶作時には、焼畑耕作地や、救荒食であるワラビやクズの根茎採集地ともなる重層的な利用が行われおり、山村の環境管理 の技術としての、火入れの重要性が確認された。

2. 畑、焼畑、採草地、放牧地、薪炭林など人里と、森林との境界ゾーンの管理については、ヒアリング・デー タを蓄積した。境界ゾーンにおいて、野生動物の侵入を防ぐ管理技術として除草が重視され、その労働は家族のうち高齢者によって担われる傾向があった。また 焼畑では、人が管理できない時間帯には、沢に設置したシシ脅しで獣害の防除を行った。

3. ニホンジカは、各調査地における林業労働者らからの聞き込みによって、昭和40年代までは岩手県南の五葉山が北限であったのが、現在は岩手青森県境を突破してさらに北上しつつあり、少なくとも生息北限が直線距離で100km以上北上したことが明らかになった。

4. 岩手県庁の保存文書から、調査地安家地区を含む岩手県の明治期のオオカミ猟の実態が明らかになった。明治10年代に安家のマタギが、親子のオオカミを生け捕りにしていたことや、オオカミ猟の方法を図解した絵図を発見した。またその他の野生動物の狩猟方法についても、記述があり、分析を進めている。

5. ニホンシカの皮を中心とした商品化について、「岩手県管轄地誌」などから、多くの情報が収集されている。また、明治期の岩手県の公文書に記録のある、ニホンオオカミに似たという「カセキ」という動物について情報を収集中である。

6. 2に関係して、かつての山村では多くの家でイヌが放し飼いで飼われ、これが畑への獣害を防いできた側面があった。そこで当時のイヌ飼養と効果、その変容を復元しつつ、現在の行われているイヌの獣害防除への応用形態であるモンキードッグについて、下北半島などで調査を進めている。

岡 恵介 民俗環境史的研究 お知らせ&研究論文 見出し画像

  • 2014.11.29
     八戸市博物館で「北上山地のドングリ食と焼畑経営 ―藩政時代からの危機に備える暮らし」と題して講演を行いました。八戸周辺と岩手県北から約60名の聴衆においでいただき、質問や感想も多数あり盛況でした。
  • 2014.10.31
     宮城県庁で、宮城県特定鳥獣保護管理計画検討・ 評価委員会ニホンザル部会に出席しました。平成26年度ニホンザル保護管理事業実施計画について討議が交わされました。ニホンザルの追い上げの際の、銃器の使用と群の分裂との関係について質問しました。
  • 2014.10.19〜20
     下北半島の大間町で、モンキードッグ(ユキ・ホワイトシェパード)を載せた軽トラックで、ハンドラ―の方とサルの群れを探し、観察しました。箱罠による捕獲についても、観察しながら話を聞きました。
  • 2014.9.20〜23
     下北半島へモンキードッグ(天然記念物・北限のサルによる農業被害を防ぐために訓練されたイヌ)に関する調査に行いました。むつ市脇野沢地区、佐井村、大間町、むつ市大畑地区のモンキードッグとそのハンドラ―に会い、話を聞きました。脇野沢地区では、人なれしたニホンザルを間近で観察することができました。
  • 「ストックのある暮らし」
    『森林環境2014』森林文化協会(2014)
  • 「根付を用いたイヌ下顎骨」
    『動物考古学』29号(2012)
  • 「近代山村における多様な資源利用とその変化」
    ―北上山地の野生動物の減少と山村の暮らし」
    湯本貴和編『山と森の環境史』文一総合出版(2011)
  • 「北上山地の牛飼いと柵をめぐる30年」
    『季刊民族学』136号(2011)

岡 恵介 民俗環境史的研究 フィールドノート 見出し画像

フィールドノート1
下北半島のサルとヒトの近代史

 下北半島の人々とニホンザルをめぐる歴史は、ちょうど日本が本格的に高度経済成長を開始した頃にはじまる。
 昭和35年秋、飢えたみすぼらしい17頭のサルが、下北半島の漁村・脇野沢村の九艘泊に現れた。当時はまだ国有林では拡大造林が進行しており、それまでサルが棲んできた森林は次々に切り倒されていった時期だった。
 気の毒に思った村人は、サルにリンゴやミカンをやった。それまで山でもほとんど姿を見せなかったサルたちは、餌をもらいに、たびたび村に現れるようになった。村の婦人会も積極的にサルを保護しようと動いた。
 数年後、食害を避けるため、九艘泊の畑からは離れた場所に餌場が作られた。サルの研究者も加わり、小中学生もこのサルの保護活動に協力して、本格的な餌づけがはじまった。餌場には観察小屋が設けられ、観光客も訪れるようになった。サルは子供の教育にも役立ち、観光収入も村にもたらすはずだった。
 昭和45(1975)年、下北の北限のサルは、天然記念物になり、広く知られるようになった。
 絶滅が心配された17頭のサルの群れは100頭を超え、サルを守る村人の温かい努力は実を結んだようにみえた。しかし一方では、サルたちは我がもの顔で畑を歩き、作物を食べるようになっていった。
 さらに増えたサルは、群れを分裂させ、被害は村中に拡大していく。餌を減らしても、餌づけをやめても、畑から追い払っても、被害は止まらなかった。万策尽きた村は、サルを大量捕獲して野猿公苑を作りって保護した。
 しかしそれ以降も、どんどんサルは増えていく…。村人の温かい親切心からはじまったサルの保護活動は、大きな農業被害を生み出すようになってしまった。
 畑を守るために、電気柵がはりめぐらされた。柵には電気が流れていて、触るとかなりの衝撃を受ける。それでも学習能力の高いサルは、どこか電気の通じていないところ、破れたところなどを見つけて入ってくる。ロケット花火で脅かして山に追いもどしても、またサルは戻ってきてしまう。
 せっかく作った農作物を食べてしまうサルを憎む村人も増えていった。天然記念物などいらない、サルを全部殺してくれ、と訴える村人もいた。
 しかし一方で村人は、海に落ちたサルを舟を出して助けてやったり、電気柵の網に絡まったサルを、網を切って助けてやったりもしたそうだ。サルを憎んでも憎み切れない村人の心情が、そこにはあるのではないだろうか。
 優しい村人の親切心からはじまったサルとの関係はこじれにこじれ、錯綜したものになってしまっている。そこに近年試みられているのが、イヌを使ったサルの山への追い戻しである。
 このモンキードッグと呼ばれる使役犬について、下北半島で調査を進めている。